「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

新商品開発^_^

お客様のメッセージの中に、プラスチックフレーム用の「くもらナイス!」はないの?という声が多くなってきました…。これまで、私自身がメタルフレームを専属で作っているので、メタルフレーム用の「くもらナイス!」は初めに開発となりました。

いよいよ〜プラスチックフレーム用の「くもらナイス!」の開発動き出します(笑)

クリアーすべきハードルがたくさんあります^_^

一つひとつ形にしていけたらと思います♪

嬉しいメッセージが届く❣️

先日、「くもらナイス!」を使っていただいたお客様から嬉しいコメントをもらい、喜んでいただけて良かったなぁーと思いました。それと同時に、様々なことを教えていただき、自身の学びともなりました♪そのコメントを紹介させていただきます。

お客様からの温かいメッセージです^_^

「くもらナイスをさっそく使用しておりますが、大変調子が良いです。二種類のマスクで試しましたが、どちらも問題ありません。

一つは通常の不織布マスクです。もう一つは、伸縮性の布でできていて、中にヤマシンというフィルタメーカー製のナノフィルタを挿入するタイプです。

後者の方がフィルタとしての性能は上なので、こちらを常用したいのですが、こちらの方がメガネの曇りがひどいので(不織布でも曇るが、曇り方が激しい)、仕方なく道を歩くときなどはメガネをはずしていました。すると周りがよく見えず、横断歩道を渡るときなどちょっと怖い。

おそらくこのような不便を感じているメガネ使用者は、全国にたくさんいるはずです。あるいは既に何らかの事故やケガをした人もいるでしょう。その人たちに「くもらナイス」はまさに朗報となるのではないでしょうか。

「くもらナイス」をメガネに装着しても、大きく息を吐いたときなどにうっすらとレンズが曇ることがあります。しかしその曇りがレンズ上で固定化することがありません。次に息を吸っている間に、曇りが消えてくれます。ですから、うっすらと曇ることがあってもイライラすることがありません。この安心感が良いのです。

これまでのコーティング剤の曇り止めだと、いったん曇り始めると、どんどん曇りが蓄積していきます。これが「チッ! 曇り始めやがった!」というイライラの元となります。それで、しかたなくメガネをはずしてポケットに入れる。するとよく見えない。

くもらナイスをなんとか全国に普及できればよいですね。」

メッセージありがとうございました^_^本当にこれからの励みとなります!少しでも困っている方に届ける事ができるよう努力させていただきます^_^

くもらナイス!には…

AタイプとBタイプがあります。そしてこのアイテムは、クリングス(メガネの鼻パットがついている根本の部品)がメタル素材に限ります。

様々なメガネがあると同時に、クリングスも何種類も存在します〜。この「くもらナイス」は、よく使われている代表的なクリングスに合うように設計されています。

もしかしたら特殊なクリングスだと付けれないかもしれません…ご了承ください。でもほぼ付けれるようには想定してあります。その中でのAタイプとBタイプの2種類になります。

詳しくはYouTubeにて、ご確認いただけると幸いです。困っている方に役立てるアイテムになると嬉しいです^_^

くもらナイス!には…

AタイプとBタイプがあります。そしてこのアイテムは、クリングス(メガネの鼻パットがついている根本の部品)がメタル素材に限ります。

様々なメガネがあると同時に、クリングスも何種類も存在します〜。この「くもらナイス」は、よく使われている代表的なクリングスに合うように設計されています。

もしかしたら特殊なクリングスだと付けれないかもしれません…ご了承ください。でもほぼ付けれるようには想定してあります。その中でのAタイプとBタイプの2種類になります。

詳しくはYouTubeにて、ご確認いただけると幸いです。困っている方に役立てるアイテムになると嬉しいです^_^

くもらナイス❣️制作秘話…完成②。

発売に先立ち…先ずは、このコロナ禍で大変な医療従事者の皆様に、少しでもお役にたれればと思い、地元の鯖江市役所を通し公立丹南病院へ「くもらナイス!」を50セット寄贈をさせていただきました。

はじめての市長室への訪問です!

ドキドキ…^_^

取材の方々も来てくださりました。FBCさま。福井新聞さま。朝日新聞さま。日刊福井さま。中日新聞さま。取り上げていただきありがとうございました!

マスクが欠かせない今…

メガネが曇って困っている方に…

この「くもらナイス!」が届きますように…

願っています^_^

くもらナイス❣️制作秘話…完成。

2020年緊急事態宣言当初から製作を始めてから…5ヶ月あまり、ようやくメガネが曇って困っている方にアイテムをお届けできる状態になりました。今までにない発想で出来ました〜!「くもらナイス!」

お蔭様で、たくさんの方々にお力添えをいただきながらのモノづくり。だからこそ形となった時は、喜びが増します。一緒に挑戦していただいた皆様に感謝します!

そして発表の日…

…つづく

くもらナイス❣️制作秘話…④。

さて…何で押さえよう… メガネに取り付けるから、極力軽量な素材でなければいけないことから、チタンを採用し、マスクを押さえる部分はスタイリッシュでオシャレなキラキラカットガラス製ビーズを採用して、ビーズの取り付けも異素材同士なので接着が難しく、様々な接着方法をためしました。ようやく特殊接着方法で完成しました。

顔周辺に付けるアイテムだから、あまり目立ちにくい…でもオシャレに。ガラス製ビーズもクリア系の色でスタイリッシュ!

…つづく。

くもらナイス❣️制作秘話…③。

めがね製造の技術…が無かったら完成していない。

チタンの材料を使えることと、細かい部品の加工技術に、部品と部品をくっつけるロー付け技術。そして職人技もあわせ…^_^

ようやくあらゆるパターンを想定し3種類のアイテムにたどり着きました。そこから様々なメガネ枠に試し、全てではありませんがほとんどのメタル枠に装着できるアイテムが2タイプで行けることが分かりました。

そして次に、マスクを押さえる部分の微妙な調整に移ります…

つづく。

くもらナイス❣️制作秘話…②。

まずなぜメガネのレンズが曇るのか?…これに関しては、鼻の両サイドのマスクの隙間から息が出ることでメガネの内側に息がかかりレンズが曇ってしまう。マスクの鼻横の隙間を軽く押さえる方法をとれば息が出るのを防げる…ことは、すぐに理解できたが…。

できればメガネの技術を活かしたい!

どんな方法で…。メガネに何かを取り付ける方法とか⁈専用のメガネ。でも専用にするとメガネを購入しないと…。今使用しているメガネに取り付けれるのがベスト!

さて…どうする?メガネの種類が多すぎる…

誰でも簡単に取り外しができる設定に!

ほとんどのメガネに対応できるように!メガネのデザインは様々で、いろんな種類があること。

顔周辺に付くモノだから、なるべくさりげなくシンプルに!かつオシャレなデザイン。

なるべく軽量にしたい^_^

…開発には何回ものサンプル作りの繰り返し…

つづく…