あまり知られていない、めがねと福井

世界に誇るメガネフレームの三大生産地のひとつ福井県。

特にメタルフレームでは世界最大の生産地。福井県の眼鏡枠製造は全国シェア(約95.8%)。

めがねの歴史は古く、1905年(明治38年)に旧足羽郡麻生津村生野(福井市生野町)で始まりました。

この小さな村から日本、そして世界的にも大きな産業となり、この福井県の地場産業として発展してきました。

それを導いてくれた人物が増永五左衛門翁であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です